さて、前回はセックスの最中に何を考えているのか…がテーマでしたが、今回はその後のお話です。

セックスが終わった後、何を考えてらっしゃいますか?ベストな状態…いや、ベストな状態と言うよりも“理想”を言えば、今しがた終わったばかりのセックスの余韻に浸って何も考えられない状態が望ましいですよね。

セックスが終わった後、さっと手を伸ばし、シャワーも浴びずにタバコに火をつけてしまう女性もどうしたものかと思ってしまうことはありますが、男性もそうですよね。

何となくのイメージではありますが、セックスの後はベッド上で裸のままタバコをふかしているイメージがあるのは…ちょっと古臭いでしょうか?

しかし、個人的な感覚なのですが、男性がセックスの後にタバコを吸う光景も微笑ましいと言うか、いやらしさを感じてしまう程に魅惑的な光景だなと感じていた理由としては、タバコをふかしている裸の男性の腕にはぐったりとした女性が寄り添っているイメージも付いてきていたからだと思います。

ますます古臭いと突っ込まれてしまいそうですが、どうでしょう?

セックスが終わった後でも異性といちゃいちゃできていますか?

さっさと着替えてしまったり、即座にシャワーを浴びに行ったりはしていませんでしょうか?

それが悪いとは決して言うつもりはありませんが、それって少し寂しいと感じてしまったりすることはないでしょうか?

もし、自分がそのような淡白な行為をしている方がいらっしゃるとしたら、時々は相手の気持ちも考えてあげる余裕があると良いかもしれませんね。

「彼女はさっぱりサバサバしている女性だから大丈夫」ですとか、「彼は男だからそんなこと気にしていないでしょう」というような意見があったなら、それは相手に意思確認した上での発言なのか聞いてみたいですね。

勝手に判断してしまっていて、本当は…相手は寂しいと感じている状況があったとしたら…他の異性になびいてしまう危険性だって出てきてしまいますよ?

「そんなことで?」と思われる方、“そんなこと”と感じているのはあなただけかもしれません。

冒頭のお話に戻りますが、セックスの後に男性がタバコを吸っている状況は少しばかり素敵な光景に思ってしまいますが、逆に女性がセックスの後にタバコを吸っている状況は…よろしくないなと感じてしまう理由として、セックスの後にタバコを吸う行為は、男性の場合セックスの余韻に浸っていることが多いにも関わらず、女性の場合は次の行動・予定のために頭を切り替えていることが多いからです。

これも個々の感覚の問題なので全ての男女が当てはまることでもないのかもしれませんが、統計として多いということを理解して頂きたいですね。

セックスの後、本当に余韻に浸れない中で、無理に余韻に浸りなさい!なんて強制的なことは言いませんが、好きな気持ちがある相手には…せめて相手が少しでも悲しいと感じてしまうような行動は避けた方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク