「恋しちゃったんだ、たぶん、気づいてないでしょ~」。好きな相手が出来たとき、ついつい口ずさんでしまう曲です。
恋愛は付き合う前が1番楽しいとは良く言いますが、まさにその通りかもしれませんね。

付き合ってしまったら…あとはマンネリか破局、どちらかが紙一重で待っている状態に突入するのですから。

晴れて好きな人と付き合えることになった方、恋人の地位を獲得できたからと言って…油断してしまってはいませんでしょうか?

その油断が悲しい結果を引き起こしてしまう危険性があること、忘れないようにして頂きたいと思います。

恋人がいる方、恋人が出来てからも、交際する前のようにオシャレに気を使ったり、相手の気を引こうとする気持ち、忘れてしまってはいませんでしょうか?

「もう恋人だから」ですとか、「本当に好きあっていると信じているから、素のままの自分でいる!」…なんて言葉に甘えてしまってはいませんでしょうか?

確かに、素のままの自分で向き合ってくれる相手は、信頼関係が出来上がっているとも言えるのかもしれませんが…そこに、綺麗な姿や、カッコいい態度を取るような第三者が現れて…恋人を奪われてしまう危険性は考えてみたことはありますか?

恋人になったからと言って、恋人と言う言葉にあぐらをかいてしまっているようでは、いつかその立場を他の誰かに取られてしまうかもしれません。

もし、そうなってしまっても、引きとめることなんてできないと思いますよ?

「これから気を付けるから!」とすがってみたところで、「今までがそうだったのだから…今更…」と、あっさり切り捨てられてしまうでしょう。

まぁ、全てが全て、そのような結末になると言い切ることは出来ませんが、ほとんどの場合でそうなってしまうと思います。

これから気を付けるなんて気持ちが残っているなら、付き合っている時にきちんとしてくれよ…って話ですものね。

また、引きとめることに成功して本当に心を入れ替えた姿を見せたとしても、恋人関係の中でも意識して過ごすことができたとしても、すでに怠けている姿を見せてしまっていては…相手の気持ちのどこかでは、すでに幻滅してしまった気持ちが拭えずに…「やっぱり…ごめん」と言われて終わってしまうかもしれませんね。

恋人に“異性として”見られなくなってしまったら終わりです。

常に恋人に対しても異性を意識し、相手からも異性を意識してもらえるような小さな努力の継続は、長い期間幸せな関係を保っていくことにはとても大切なことであると思います。

今、恋人がいる方。決して油断してしまってはいけませんよ?

もしかしたら破局が明日来るかもしれません。安心していては命とりになってしまうでしょう!

今1度、気持ちを引き締めて、恋人が隣にいてくれる幸せを噛みしめて頂きたいと思います。

ちょっとした意識を持つか持たないかでは、その先の道に大きな分かれ道を作ることになる可能性は…かなり大きいですよ!

スポンサーリンク