好きな異性が出来た時、お付き合いに発展するまでは…ほぼ毎日相手のことを思ってしまうことって多いですよね?

ただ、いくら好きな女性ができても、一人、家でもんもんしてしまう時、まぁ中には自慰行為の対象にする方もいらっしゃるかもしれませんが…多くの男性はどういう訳か本当に好きな女性を自慰行為のおかずにすることはないそうですね。

それはさておき、セックスの最中って何を考えてらっしゃいますか?

本来はセックスに集中して「何も考えられない…!!」という状況がベストなのですが、なかなかそうはいきませんよね?

女性は受け身なので上に乗って行為を行わない限り、相手まかせなところがあるかと思いますが、そんな時の女性の頭の中は…というと、実はセックスが終わった後の予定のことを考えていることが多いと言われています。

一方、男性は他の女性やAV女優を想像したり、自分の出せない性癖を妄想したり、射精に繋がることを考えていると言われています。

これって、表面的には男性が自分の性器を女性の性器に挿入し、“セックスをしている”という光景ではありますが、本当の意味でセックスしている…とは言い切れませんよね?
ただ性器を挿入して出し入れしている行動、と言ってしまった方がすっきりするのではないでしょうか?

セックスは行動だけで区切ってしまうと、本当にただの運動・スポーツになってしまうでしょう。

マラソンをしながら音楽を聴いているのと同じです。

マラソンをすることに集中して楽しんでいるのではなく、マラソンという運動を飽きないようにするために音楽を聴いている状態に近くなってしまうのではないでしょうか?

これでは意味がありません。

男性は頭でイク、女性は心でイク、と言われますが…まさにその通りだと思います。

触らさえすれば体が反応して気持ちよく絶頂に行けるような女性も確かに存在していますが、そのような方は言葉が悪いかもしれませんが“ただの色情”でしょうね。

個人的な感覚なのですが…女性が感じる最高のセックスとは、心からセックスを感じ、体でセックスを感じ、初めてセックスの絶頂を感じる生き物、それが女性だと思っています。

男性も、頭の中で色々な妄想をして射精に行きつくよりも、目の前の女性が心から感じている顔を見て射精に至る方が、よっぽど達成感を味わえるのではないでしょうか?

妄想でイクよりも相手の女性でイク方が、確実な気持ち良さがあるのではないでしょうか?

また、相手の女性が自分のセックスでイク姿も見ることで、男として優越感にも似た自信が湧いてくるでしょう。

まぁ、個々の感性もありますので一概に言い切ってしまえるようなお話ではありませんが、もし、今までのセックスでこのようなことを意識して行為が出来ていなかった方がいらっしゃいましたら、次の機会には少しだけ意識してみてはいかがでしょう。

男性は女性の心を感じさせる努力をしてみることで…もしかしたら今まで感じたことが無いような達成感・幸福感を得られるかもしれませんよ。

スポンサーリンク