周囲に反対される恋だとか、親に反対されて駆け落ちするような恋愛だとか
空気がどんよりしてしまうような、重いお話をしてしまいました。
しかし、恋愛とは全てが楽しく素晴らしいものだけではないので、あのようなダークな話も知っておくことに越したことは無いかと思います。
知らないより知っている方が、断然お得ですからね。

だって、知っていれば回避できたようなことも、知らなかっただけでトラブルや苦しい状態に足を踏み入れてしまうかもしれないのですもの。

知識は自分を守ってくれる武器になります。知識は自分の人生を、より明るいものにしてくれる優秀なサポーターになります。
たとえ自分には関わりのない話であっても、この先絶対に関わらない保証はないのですから、今後の知恵としてでも頭のどこかにストックしてくださることを願います。
その知識を活用することで応用することも、考え方を反転させることもできるので、目の前に広がる人生の道の選択肢が一気に広がることでしょう。
恋愛は楽しくしたい、ドキドキしたい、日頃のストレスを発散させてほしい、日常生活の活力になってほしい…そう思うのが普通です。
誰だって自ら茨の海へ飛び込むようなことを好む方は…そうそういないでしょう。
中には、悲劇のヒロインになることに、この上ない喜び・幸せを感じるような変わった方もいらっしゃいますが、一般的には…そんなの嫌ですよね?

なるべく恋愛がスタートした段階で、相手のマイナス要素を見極めて振り切れるような強い精神があればいいのですが、そこも中々上手くいけないのが人間なのかもしれませんね。
しかし、そんな逆境に遭遇しても、暗くなる必要もないかと思います。

ほら、良く言うじゃありませんか。“障害がある恋愛程燃え上がる”って。
ちょっとくらい障害がある方が、もしかしたらとても楽しい恋愛生活を送ることが出来るかもしれませんね。
あまりに平穏で幸せすぎる恋愛ですと…時間が経てば“マンネリ”が待ち構えていることが多いのですから。

多少の障害を、恋人と二人で乗り越えることで、お互いの信頼・繋がり・感情が深くなっていくと言われています。
秘密の共有なんかもそれに該当する関係を作り出すこともありますが、ただ、秘密の共有の場合、見方を変えれば“お互いの弱みを知っている”ことにもなりかねませんので、一歩間違えれば傷つけあうような“怖い関係”になってしまう可能性もあります。
十分に気を付けてくださいね。

他人にバレてしまってはマズイことを二人だけが知っている秘密の共有よりも、お互いにかかる障害を、二人で助けあったり、支え合ったりしながら乗り越えていくことで作り上げる繋がりは深いです。

普通の恋人同士でそうそう得られない程に深い関係になれることでしょう。

まぁ苦難なんて無い方がいいのですが、もし、障害にぶつかってしまった時、見方を変えれば幸せな恋愛にもなり得るのですから、好きな相手がいるならば、楽しく幸せになる時間が少しでも増やせるよう明るい気持ちで進んでいきましょう。

スポンサーリンク