前回は“結婚と恋愛は別?”がテーマでしたが、今回は、タイトルもそのままの“結婚と恋愛をイコールにするために”がテーマです。
現代社会では、結婚と恋愛を割り切って考える方も増えてきていますし、それを隠さずに「自分はこういうタイプの人間だから…」と、人に話せる方も増えてきている傾向が目立つようになってきた気がします。

しかし、昔ながら…と言ってはちょっと言い方が古臭いかもしれませんが、今で言う“古風”な感覚を持って生きてらっしゃる方もまだまだ存在していることも事実ですよね。

自由な恋愛、自由な生き方、何となく外国のようなライフスタイルに変化しつつある日本人のライフスタイルも悪くは無いですし、その方が生きやすいならば、遠慮なくどんどん謳歌して生きて欲しいと思いますが、日本特有の古風な感覚を持っている方も、きっとその方が生きやすいのでしょうから、無理に時代に合わせて人に合わせて意識改革をする必要もないのです。

無理に変えたところで“幸せ”を感じる頻度はぐっと下がってしまうような人生になってしまうのでしょうから、どちらにせよ自分に正直に生きることが1番なのですよね。

もちろん、人を踏み台にしたり傷を負わせてまで自分に正直に生きる…というのはただの自分勝手な生き方なので考え違いをしないよう気を付けましょう。

結婚と恋愛を同じものに考えてらっしゃる方、恋愛の延長線上に結婚を考えてらっしゃる方、時代が時代だから…と諦めたりせずに、自分の考え方=生き方を全うすることが、一見は遠回りに見えるようであっても、それこそが幸せの道への近道でしょう。

恋愛と結婚を結び付けて考えながら生きることは今の時代…傷つくことが多いかもしれません。

近年では“婚活ブーム”と言われていますが、婚活をする男女は恋愛と結婚をイコールにしていない方の方が多いのかもしれませんね。

出会いを恋愛からではなく、初めから結婚を意識しているわけですから、恋愛の延長線上に結婚を考えている方よりも、結婚生活を手に入れることを考えてらっしゃる場合の方が圧倒的に多いのかもしれません。…

まぁ、それも決して悪いことではないので、お互いの利害関係や感覚・考え方が一致してるならば、それなりに幸せになれることでしょう。

しかし、恋愛と結婚をイコールに考えてらっしゃるならば、下手な流行や時代の流れに流されないことを心掛けてください。

恋愛と結婚をイコールにする方法とは、“自分の意思を諦めないで貫く”ことです。

たくさん恋愛をしてください。1つの恋愛が終わっても、また1つ心の傷が増えたとしても、きっと同じ感覚・感情になる相手が必ずくると信じて、目の前の恋愛を大切に育てていきましょう。

本物の恋愛の延長線上には、必ず結婚が結びついてくるはずです。たとえそこに障害や事情があったとしても、真実の気持ちを持ち続けていれば、そこに“縁”があれば、必ず恋愛と結婚はイコールになるはずです。

上手くいかない、先が見えない、感覚・考え方が全くずれている…そのような時は“縁”がなかったと割り切って、次の恋愛に期待しましょう。

諦めないこと・自分を信じること・自分に嘘をつかないことが、恋愛と結婚をイコールにする秘訣です。

スポンサーリンク