好きな相手に嫌われたくない気持ちって、恋愛をしている時は誰もが同じ心境であると思います。

相手を好きだと思う気持ちゆえに、自分も嫌われたくない…好かれたい、そう思うのは当たり前ですよね?

しかし、ここで気を付けて頂きたいのは、相手に嫌われたくない気持ちばかりが大きくなってしまうことです。

これは“恐怖”の感情の1つです。恋愛自体に恐怖の感情を持ってしまっている状況なんておかしいですよね?

言い方を変えれば、心のどこかで“面白くない”と感じてしまっていることでしょう。

「恐怖?それはちょっと違うんじゃないの?」と、反論される方も少なくないかもしれませんが…嫌われたくない、嫌われるのが怖い、怖い…これは恐怖ですよね?恐れているということは恐怖です。

まぁ、この気持ちもある程度は無くさないレベルで必要なことなのかもしれません。

好きな相手に好かれているであろうと勘違いをしてしまい、勝手にあぐらをかいてしまっていては、初めは好かれていた相手なのに…気づいたらいなくなってしまった、他の異性のところへ行ってしまった、なんて状態になってしまうかもしれませんからね。

ただ、嫌われたくない感情が強くなりすぎてしまうことは良くないと思います。

相手に好かれようとするあまり、相手の言い分をなんでも聞いてしまったり、自分の日常生活において多少の無理をしてでも、相手に好かれていたいと頑張り過ぎてしまったり…これは良くない関係だと思います。

多少の無理や頑張りも、お互いがお互いを想って行動するならば…これも1つの愛情関係として素敵な関係を築いていることになるかもしれませんが、片方だけが無理や頑張りを重ねているようではいけません。

もっと悪い状況は、自分が嫌だな・耐えられないな…と感じていることを改善する努力もせずに継続している相手を好きになってしまった場合でしょうね。

これじゃあ悲しい気持ちがどんどん膨らんでしまい、自覚ないまま…自分の心を傷付けてしまう行為にもなりかねません。

いくら嫌われたくない気持ちが強くても、恐れてばかりでは本当に幸せな恋愛関係で過ごしていくことは出来ないでしょう。

嫌なものは嫌、無理なことは無理と、はっきり相手に意思表示する勇気も必要です。

「そんなこと言ったら…嫌われてしまうかもしれない」…良いじゃないですか。嫌なことを嫌だと言って嫌うような相手ならば、元々その程度の人間です。

その程度の相手です。見切り付けて新しい恋を探した方がよっぽど楽しい人生を生きてけると思いますよ?

「でも好きなの…」と、勇気を出せない方の方が…実際は多いと思いますが、無理して我慢を重ねているような関係は、いつか必ず終わりが来てしまうと思います。
終わりが来るような恋愛に時間をかけるよりも、将来的に楽しい情景を思い浮かべられるような相手を探す方が良いと思うのですが、ここは個人の感情の部分なので、もちろん強制も強要もしません。

本当に自分にとっての幸せは何かということを、自分判断・自己責任で進めていってくださいね。

スポンサーリンク