芸能人の石○純○さんが発した“不倫は文化”発言、記憶にも残っていらっしゃることと思います。
あれは衝撃なフレーズでしたね。

まぁ、石○さんが「不倫は文化です!」と言ったわけではないのですが、石○さんの不倫疑惑インタビュー時の発言から、「「文化や芸術といったものが不倫から生まれることもある」との反論に、取材陣がその言葉をくみ取って作り上げたフレーズなのです。

いやぁしかし、そのフレーズに対して、世の中の主婦群たちの非難の激しいことといったら…。石○さんもあの発言で人生いろいろと苦労なさったようですよね。

不倫に対してはどのように思ってらっしゃいますか?やはり嫌悪感がありますか?

一時期“失楽園ブーム”もあってか、不倫ブームとも言われた時代があったような気もしますが、不倫はやはり、人としての道徳に外れた行為であることは間違いないので、不倫を経験された方、不倫を経験されている方、不倫を経験されようとしている方、どのような段階であっても不倫に対して“わきまえの心”を決してなくしてはいけないでしょう。

離婚や再婚は悪いことではありません。

しかし、婚姻関係中に他の相手と交際するようなことはいけないことではあると思います。

まぁ、正直な本音を言えば、「いくら婚姻関係中とはいっても…紙切れ1枚の話じゃないか」というような意見に関しても、全否定する気持ちはないですね。

たしかに1理あるとも思います。ですが、そこは人と人。縁あって夫婦になり、子供まで授かっていたとしたら…人として親として大人として、誠意は尽くさなければいけないところではないでしょうか?

どうしても事情があって別れることが出来ない夫婦の中に関わってしまう恋愛をしてしまうなら…「やめなさい、そんなこと!」と、お説教するつもりもありませんが、やはり“人として”の心を無くさないで頂きたいと思います。

相手の伴侶と別れるように工作したり、相手の伴侶に嫌がらせをしたり、精神的・肉体的ダメージを与えるような人間には落ちないでほしいですね。

自分の立場をわきまえて恋愛をしていきましょう。

また、伴侶がいながら恋愛をしている方は、伴侶に対しても恋人に対しても精一杯の誠意と責任を持つべきです。伴侶か恋人、どちらかを騙したり、あざ笑ったりするような人間にはならないでほしいと思います。

不倫は難しい話です。

世間から後ろ指を指されるようなことには間違いありません。

不倫を純愛だと語る人もいますが、中には本当に純愛であるパターンだってあるのは事実です。

一概に否定したり、責めるべき事情ではない関係もあるのも事実です。

遊びと割り切って不倫を楽しんだり、お互い家庭を持ちながらも交際する関係もあるとは思いますが、関わる伴侶が傷つかないように徹底することが大切でしょう。

遊びと割り切って不倫をすることも個人的には“いけない”と注意するつもりもありませんが、人を傷つけてまで楽しみ続ける人生は…結果的には空しい現実が待っているかもしれません。

法に裁かれる行為であるとはどういうことか…を、把握することが大事でしょう。

スポンサーリンク