“駆け落ち”の経験がある方はいらっしゃいますでしょうか?

何だか今時“カケオチ”なんて聞いてもピンとこない方も少なくはないかと思いますが、一昔前には、やたらとトレンディドラマや昼メロドラマの題材としてバンバン活用されていたものです。

“愛の逃避行”だとか“愛の終着駅”なんて言葉も流行っていたような気がします。

個人的にはリアルタイムでその時代にいた訳ではないので…何とも言えないところはありますが、親や周囲に反対されても一緒になりたいと、自分の環境をすべて捨ててまで恋愛を貫きとおすやり方が“駆け落ち”です。

駆け落ち自体が悪いとは思いませんが、周りに迷惑をかけてまで進めるものでもないのではないかとは思ってしまいますね。

だって、“自分たちさえ置ければ良い”というわがまま極まりない行動なのですから。

ましてや、家庭がある人が相手だったり、自分がいなくなることで家族が困るようになってしまうような恋愛は…正直する価値はないのかとも思ってしまいます。

本当に二人で一緒に生きていきたいのなら、最大限、周囲に迷惑が掛からないよう配慮する努力と気力を尽くしてから逃避行でも何でもすれば良いと思います。

親に反対される相手、そうですね、ドラマで言うならお金持ちのお嬢様と、そのお屋敷に使える業者の見習い…というようなパターンや、相手の過去に犯罪歴があるようなパターン、はたまた親同士の因縁で反対されるようなパターンなどと、いくつかの例が挙げられますが、「そんなドラマじゃないんだから…」と、他人事のように笑っていられるのも今の内だけかもしれません。

事実は小説より奇なり、ですからね。ドラマのようなことも、ドラマ以上のことも、我々の日常生活の中で、どこにその扉が潜んでいるのか分かったもんじゃありません。

扉は音もなく現れ、音もなく開かれるのですから。

ドロドロした恋愛状況に巻き込まれたとき、初めて「いつの間にこんなことになってしまったんだろう…」と思い返すものです。

まぁ、巻き込まれてしまったり、自分が、招いてしまったりと、抜け出せないような恋愛事情の主役になってしまった際、必ずと言って良いほどに親は反対するでしょう。

だってわが子が誰だって可愛いのですから。

中には、わが子への愛情や心配ではなく、親である自分たちにとって不都合が生じたり、負担をかけられる危険を回避するためだけに反対する親もいるかもしれませんが、どちらにせよ親に心の負担をかけることになってしまうような恋愛は、できるだけ避けてほしいものですね。

恋愛に夢中にあっている時に、周囲と自分の状況を見渡すことは難しいかもしれませんが、親が反対するような恋愛、その反対を説得できないような恋愛は…その先に幸せが待っている確率は低いと思います。

恋愛事情にがんじがらめにされた時、一呼吸だけ置いて…本当の幸せとは何か、をも見つめ直す時間は絶対に必要です。

何かを決断する前に、1日、いや1時間でも、自分と周囲の状況を見つめ直す時間を作ってから答えを出していけたら良いですね。

スポンサーリンク