前回は“女性に好かれる方法”のご紹介でしたが、女性がいれば男性がいるのが世の通り。…そうです、今回のテーマは“男性に好かれる方法”のご紹介です。女性と言えば、どちらかというと本能的に異性を引付ける術を持っている人が多いような気がしましたが、時代のせいでしょうか…近年では男性を引付ける術を持ち合わせている女性が激減しているようにも思えます。

そんな中で、風俗接客業の女性が、どんどん男性を引き寄せる技を手にしているので、素人女性では味わえない疑似恋愛に没頭してしまう男性も増えてしまっているかもしれませんね。…どうしたものでしょう、“仕事”や“お金”と割り切らなければ、素直に“女性”を出すことも使うことも出来なくなってしまっている女性が目立ち始めているようです。

女性のみなさん、いかがでしょう?自分は女性の部分を出せている、男性に“可愛い”とか“イイ女”と思われていることを実感できていると言える方は、どれくらいいらっしゃるでしょうか?

また、男性の方も、自分の日常生活に関わってくる職場や学校などに登場する女性の中で、ついつ引かれてしまうような魅力的な女性は、どれくらい思い浮かびますでしょうか?

どちらの質問に対しても、そのような女性の率としては…低い数字が返ってきそうですね。

時代のせいと言うべきか、不況に対しての男子の弱さが目立つせいと言うべきか、“強くなってしまった女性”が増えてしまった時代背景のせいと言うべきか…。

まぁ、何事も何かのせいにしていては始まらないのですが、“素直になれなくなった女性”が多くなってしまったことが“男性に好かれる方法が分からなくなってしまった女性”を増やしてしまったのでしょうね。

「今更キャラを変えられない」とか、「もう諦めている、男性に好かれなくても一人で生きていける」などと、ヤケになってしまうのは少々もったいないですよ?

本当に男性を必要とせず、1人で生きていくことが最高に楽しいと思えるなら別ですが、どんなに“強い”とか、“たくましい”と言われる女性であっても、大半の女性は“女性として見られたい”“男性に好かれたい”との思いが心の奥底にでもしっかり残っているのではないでしょうか?

良いんですよ、それで。女性が男性を求めるのは、生き物の自然な道理なのですから。

今回は男性に好かれる方法のご紹介です。とっても簡単なことから始められますので、ぜひ、明日からでも実践してみてください!

まず、「ありがとう」を意識して言うようにしましょう。

何か取ってもらった時、何か手伝ってもらった時、どんな些細なことでも「ありがとう」を言えるようにしてください。

次に、柔らかい香水を愛用しましょう。ほのかな良い匂いを常にまとっていてください。

そして、相手と話す時は、涙袋にちょっと力を入れた瞳で、相手の目をじっと見つめましょう。

あまり見つめられると日本人は追いつめられたような感覚になるとか言われていますが、視線が辛くなったら相手がそらしてくれるでしょうから、気にせずに見つめてみましょう。…まぁ、あまりやり過ぎると気味悪がられるので気を付けて頂きたいのですが、男性に好かれるポイントはこの3つです。これだけで良いのです。

時間が経てば、だんだん周りの男性が優しく扱ってくれることを実感できるでしょう。

優しくされたら人は自然と甘えることを覚えていきます。

基盤さえ作ってしまえば、あとはみなさんの中に残る“女性としての術”が開花するはずです。

物は試しです。騙されたと思って実践してみましょう。損はしないと思います。

スポンサーリンク