好きな人はいらっしゃいますか?

恋愛は何も恋人がいることが条件ではありません。

恋人がいる人も、恋人にはなっていないけど好きな人がいる人も、ドキドキする気持ちを持てる相手が存在していれば“恋愛真っ最中”です。

好きな人がいる方は、恋人同士になれるように成功を祈っています。

恋愛は楽しいものです。

恋愛中のドキドキする高揚感は、日常生活を潤してくれる大切なエッセンスです。…

しかし、近年の日本では、恋愛願望自体が無くなっている人たちが増えているらしいのです。

いかがでしょう?「恋愛なんてどうでもいい、なくても支障ない」と、恋愛そのものに対しての想いも意識も薄れてしまっている方はいらっしゃいませんでしょうか?

たしかに、1人は楽でしょう。

食事のタイミングも、出かけるタイミングも、眠るタイミングも、全て自分次第なのですからね。

誰に合わせることもなく、自由時間は全て一人で自分の好きなように使えます。

誰かと約束をしてしまうと、お互いに時間の調整や準備が必要になってくるので、1人の時間が長くなってしまうと、人と待ち合わせをすること自体を面倒に思ってしまうのも理解できない訳ではありませんが…それでは人生の楽しさが半減してしまっているのではないかと思ってしまいます。

「言われなくてもそうしてるから」と返事が来そうな気がしますが…1人の時間が最高に幸せと言うならば、好きに時間を使って頂き、最高だと思える人生を謳歌して頂きたいです。

ただ、出会いのチャンスを逃してしまっている事実があることはもったいないのではないでしょうか?人と一緒に外へ出ることで広がる人間関係も、なかなか捨てたもんじゃありません。

恋愛願望があるだけで人の生活は一変します。

これはそれぞれの感情なので、努力を強制することも積極的に社交の場へ誘導することもできないことではありますが、逆に言えば…出会う人によっていきなり恋愛願望が湧いてくる可能性はあります。

今までの人生で1度も人を好きになってドキドキしたことが無いという方はほとんどいないですよね?ドキドキしていた時って、他のこと、例えば勉強や仕事でのやる気までもが上がっていたと思いませんか?恋愛をしなくても生きてはいけます。

ただ、生きていくなら楽しく元気に生きていく方が面白いですね。

何度も言いますが、個人的な感情の問題なので「恋愛は必要ない、1人で良い」と思っていらっしゃる方に、周りがとやかく口出しすることでは決してありませんが、恋愛願望が湧くだけで人生が面白く変わることは、心のどこかに置いて頂きたいですね。

「自分には恋愛願望が一切ない!」と言い切っていた人でも、出会う人によって恋愛街道を走り出したパターンは何度も見てきましたので、人生に“断言や決めつけ”はしない方が良いかもしれませんね。

“奇跡”や“偶然”、“タイミング”で、今の状況・感情から、いくらでも変化をするでしょう。

期待しすぎることも、諦めてしまうことも、何でも“決めつけ”は良くないでしょう。

焦る必要も強要する必要もありませんが、恋愛願望あるなしに関わらず、穏やかに楽しく生きていきましょう!

スポンサーリンク