好きな相手が出来た時、学校でも職場でも友人の力を借りて「あの人がどう思っているか」を聞いてもらった経験は…皆さんも心当たりがあるのではないでしょうか?

興味を持った相手が、自分のことをどう思っているかを知りたい…と思うのは当たり前のことですよね?

もし、好かれていないような状況だったのなら、相手に好かれようと努力したいでしょう。

ラッキーなことに相手も自分に好意を持っていると分かったなら、少しでも積極的にアピールできる自信に繋がりますものね。

何も知らない相手のことを、何かしらの魅力で引かれてしまった場合、相手をもっと知りたいと思うことは人間らしい行動です。

相手をどんどん知ることで身近に感じ、少しずつ距離を縮めていくことで親密な関係へと進んで行けるのですから。

付き合い始めの何の身分も約束もない段階では、相手の気持ちを確かめることが全ての始まりであると思いますが、相手の気持ちを知りたい・確かめたいと思うことは、何も付き合い始めだけの感情ではありませんよね?

晴れて想いが通じ、交際に発展しても…急に不安になったりするときってありますよね?

こっちは好きな感情で溢れているのに、そっけない態度を感じてしまうと…「この人は本当に自分のことを好きでいてくれているのか?」ですとか、「この人は今、自分をどのように想っているのか」・「自分は恋人にとってどの程度の位置にいるのか」…等々、不満…とはちょっと違いますが、不安に想ってしまうことはあるでしょう。

もし、自分から告白をして交際に至ったケースであれば…なおさら不安は募るでしょう。

「自分が好きだって言ったから付き合ってくれただけなのかもしれない」という感情も出てきてしまうかもしれません。

不安に思うことは別に悪いことでもうっとしいことでもないと思います。むしろ、よりよい関係を築いていけるチャンスであると思います。

気になること・不安になることがあればそれを解消する…この繰り返しを重ねていくことで、信頼関係が深まり、誰よりも理解しあえる関係になれるきっかけでもあるのではないでしょうか?

不安に思うことは当人に直接聞いてしまう事の方が1番の改善・解消作であるとは思いますが、その前に、恋人の愛情を確かめたいと思うならば…言葉で聞いては面倒臭がられてしまう可能性もあるので、仕事でも友人関係でも何でもいいので、深刻な悩み相談をしてみてはいかがでしょうか?

そんな悩みなんてない方は…でっちあげでも良いと思います。本当に困っている、どうしたら良いかわからないと悩み相談をし、相手の反応を見ると言う方法もあります。

周りでは、結構成功者が多いですね。

「真剣に相談しているのに全然かまってくれなかったから、本当に困った時は頼りにならない人なんだと見切り付けたよ」という友人もいましたし、「でっち上げの悩み相談なのに、本当に心配してくれていて…嬉しい反面申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまった…」と、反省しながらも恋人への想いが強くなった友人もいます。

大金が必要だとか、大きな病気になってしまったとか、そこまでのレベルの話はいけませんが、会話で解決できる程度、「話をきいてくれてありがとう」で終われるようなレベルの相談がベストでしょうね。

勇気ある方は、試してみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク