セックスのマナーについてのお話です。

いきなりこんな話始めで、驚かれた方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、今回のテーマはタイトルのままの、“セックスのマナー”がテーマです。

「セックスにマナーなんてあるの?」「セックスは感情の赴くままに楽しむもの」とのお声が上がるかもしれませんが、セックスにも最低限のマナーがあります。

性的趣向や趣味などとして、セックスのマナーそのものをぶち壊して楽しむ、というセックスもありますが、何事も基礎が大事です。

基礎を踏まえた上でのアレンジや挑戦、楽しみの追求をしてこそ、本当に満足できる行為ができることと思います。

今までは恋愛上のお話が多く、セックスそのものを題材にしてきたお話はありませんでしたね。

これまでにたくさんの恋愛テクニック、恋愛思想、恋愛傾向にデメリットやメリット等のセックスに入る前の段階をテーマにしてきましたが、ある程度の知識やテクニックをご紹介させて頂いたので、これからはどんどんセックステクニックやセックスにまつわるテーマも題材にしていきたいと思います。

皆さんがよりよい恋愛を楽しんで、素敵な人生を送って頂くアドバイスとして活用して頂けたら幸いです!セックスの経験がまだない方には、ぜひ今のうちから参考にして頂きたいですね。

また、何度か経験はしたことがあると言う方や、数えきれないくらい経験してきたと言う方も、1度原点に戻ってみて頂くのも良いかと思います。

新しい発見や感覚が生まれ、さらに楽しく気持ちの良いセックスが出来るかもしれませんからね。

では、セックステーマの初級編、“セックスのマナー”についてお話させて頂きます。

まず、第一に何と言っても“清潔にしておく”ということです。

男性も女性も、恋愛が始まり、もしかしたら体の関係があるかもしれない…というような状況になったら、普段以上に自分の性器を清潔に保つよう意識しておきましょう。

いざ、セックスをする打開になった時…シャワーを浴びたくても、そんなことを言ったら、せっかく良いムードを壊しかねないと言い出せず、そのまま体を晒した瞬間に相手が幻滅してしまう可能性がありますからね。

小さな良い匂いのするボディローションをカバンの中に携帯しておくのも良いでしょう。

トイレに行くふりをしてさっと性器付近に塗れば、その場しのぎにはなるでしょう。

また、下着にも気を付けておきたいですね。あえて刺激的な下着を着用し続ける必要はありませんが、常に綺麗な下着を心掛けましょう。

女性の場合、上下の色を合わせることを徹底してください。当たり前のことかもしれませんが、最近の男女は手抜きの方が多いようです。

清潔を保つことを忘れずに過ごしましょう。

次に、“相手の同意”です。「嫌がっている振りをしているだけ」と、一方的な思い込みは止めましょう。

「初めは嫌がっていても、きっとセックスが始まれば気持ちよくなってくるに違いない」というような恐ろしい思い込みも止めましょう。

あえて、「セックスしてもイイ?」とストレートに聞く必要もありませんが、相手が本気でいあがっているかどうか位はわかりますよね?

これがセックスのマナーです。

大したことないと思われる方も多いかもしれませんが、これは大切なことです。1度でも忘れてはいけないマナーですので、皆さん、今一度しっかりと心に刻みましょう!

スポンサーリンク