9/3にDOCOMOへ修理見積もりをお願いし、連絡があったのは9/26でした。
使い難いAcroに馴れ始めた頃に連絡がありました。

「お客様が持ち込んだスマフォの修理が終わりました。」と、

「えっ?!」

って、修理見積もりに出しただけのハズなんですが勝手に修理が行われてる様子、その辺りを確認してみると、

「安心してください、無償修理となっております。」

とのこと、なんか、あっさりと治してもらえたようです。見積もりといいつつ、修理してくれたわけですが、ざっと3週間以上かかってしまいました、きっと、多数、この件で修理をお願いしている方がいるんでしょうね。

受け取った際の「お客様控え」がこちら。

docomo

フロントパネルごと、まるっと交換してもらえたようです、バッテリーの交換はなかったようです、バッテリー膨張による不具合じゃなかったんでしょうか?バッテリー膨張による不具合が発生したら、もう修理してくれなさそうですよね、ソニータイマーが発動しなければいいのですが。

ですので、もちろん、本体前面、背面ともにフィルムが張り付いており、新品同様のようになって帰ってきました。受け取り時に軽く、効かなくなっていたホームボタン等をタッチしてみると無事に効きます。

ありがとう!DOCOMOさん、DOCOMO回線の契約を解約し、本体の保障期間は今年の1月で終えているのに・・・、ほんと有難かったです。

帰ってきたX3CのOSは、Andorid 6.1になっており、預ける前とちょっとUIが変わったように感じましたが、軽快に動いておりました。
Acroが重すぎたというフラシーボ効果もあるのでしょうが・・・。何はともあれ快適な状態で戻ってきてくれました。

受け取ったときに、X3Cと一緒に外されたフィルム達も戻ってきました、粘着部分を保護するための「シールの紙?」みたいのが付いた状態で・・・。
早速、フィルム達を元に戻そうとしたんですけど、やっぱり、粘着が弱っていたり、微妙に曲がってしまったりで、元の綺麗な状態には戻せそうにありません。そこで、前面と背面のフィルムを物色してみたのですが「もうないんですね?」最新機種版のものばかり在庫があって古い型のフィルムって選択肢が少ないんですね。

物色していて特に残念だったのが背面フィルムなんですよね、まぁ、前面ならどれも似たようなデザイン(?)ですし残りの在庫もまだ若干あるようで手に入れ易いんですが、背面フィルムとなるとなかなか見つからないんですよね。特にZ3C購入時に何気なく気になって買ったラスタバナナさんの背面デザインフィルムが主張しすぎなくって気に入ってたんです。
色は透明なんですけど、フィルムのデザインと透けた本体色とが、非常にいい感じになるんですよね。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

なので、復帰したX3Cに、新しいデザインフィルムを・・・と思っていたのですが、どこを探してもZ3Cのすべてのデザインが販売完了!、ラスタバナナさんのサイトでも販売完了というか、生産完了!(泣)

今発売中の機種なら生産しているみたいなんですけど、新しいXperiaは大きくなったので嫌い・・・。

さて、FREETELの解約を勧めなければ・・・。

スポンサーリンク