HUAWEI MateBook

以前の記事で、触れた「HUAWEI MateBook」ですが、最近、なんだか気になって気になって仕方がないshisyamoです。



もともとは、MateBookではなく、HPのSpectre 13が気になっていて、ずーっと、Web上からよだれを垂らして覗いていたんだけど、この前、新機種が出たんですよね、これがまた、薄くなって、非常に魅力的なPCなんですよね。ですが、PC Watchなんかを見てたら、MateBookの記事を見つけてしまい、迷いに迷ってしまっています。

スペック

まずは、そのスペックですが、以下のようになっているようです。
あっ、ちなみに、発売日は7/15になっております。

M3モデル M5モデル
サイズ 278.8(W) x 194.1(H) x 6.9(D) mm
重さ 640g
OS Windows 10 Home 64 bit
CPU Intel Core m3-6Y30 Intel Core m5-6Y54
メモリ 4GB 4GB/8GB
ストレージ 128GB M.2 SSD 128GB/256GB M.2 SSD
バッテリー 33.7Wh
ディスプレイ 12.0インチ IPS 解像度 2160 x 1440
カメラ 500万画素
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac.2.4GHz&5GHz,MIMO2x2
その他 Bluetooth 4.1 with BLE Dolby Audio Premilum搭載
センサー 加速度、照度、ジャイロ、指紋認証、ホールセンサー
コネクター USB3.0 Type C,ヘッドフォンジャック

 

タブレット(nexus7)

ipodなど、apple製品は所持していないのですが、androidのタブレットは所持しています、googleのnexus7です。
こいつはこいつで、便利なんですよ。

長所

購入したときは、通勤にいつも持ち歩いてましたね、ブラウザでWebを見たり、メールを受信したりと。
携帯(Xperia)の画面(5インチ?)に比べると、やっぱり、nexus7の7インチは大きく非常に便利なんですよね。

それでも、Webを俳諧してると、大きくなったnexus7でも、スクロールしないと見られないサイトにであったりすると、ちょっと残念に感じますけどね。

それ以外は、使えるやつなんですよ、車ではナビとしても利用できますし・・・。

ヤフーカーナビ!ってアプリがあるのですが、こいつは、常に最新の地図が利用でき(利用料は無料です)ナビができ、さらには渋滞情報もリアルタイムで取得して、渋滞を考慮したルートをナビしてくれるんですよね。
ほんと、カーナビ専用機は卒業しました。財布に優しいし、据え置き型ナビより使えますからね、ただ、欠点がないわけじゃないんですけどね(汗)
Xperiaでももちろん、ナビとして利用できるのですが、画面がやっぱり小さいんですよねー。

それから、家で、Webを俳諧する際は、PCよりnexus7でブラウジングすることの方が多くなりましたね。いちいち、PCを起動してっていうのが億劫に感じちゃってね。

短所

しかーし、長所があればあるほど、少なくても短所が目立つようになってくるんですよね。
例えば、Web上で新規会員登録する際とか、結構な文字を入力しますよね、そんなとき、タブレット(nexus7)からだと、文字入力がたるいんですよねー。
そーゆときは、やはり、母艦PCからWebアクセスして会員登録しちゃったりします。やはり、キーボードは断然楽ですよ。

というわけで、やはり、キーボード入力できないのは不便に思えるんですよね。

特に、アフィリエイトでコンテンツ作成する場合も同様で、キーボード入力したいですよね。
Wordpress等でコンテンツ記事を作成している場合、nexus7でも、もちろん、コンテンツ作成できないことはないんですけど、頭で思い描いてることの数%しか表現できないんですよね。

じゃぁ、Bluetoothキーボードをnexsu7に繋げて利用するって方法もあるんですけど、実は所有してるんですけど、動きがもっさりしちゃうしnexsu7と別個に持ち歩かなきゃいけないし、もうめっちゃ不便!!(笑)

理想

では、私にとってどのようなものが理想的なのかを考えると・・・。

  • Webブラウジングでサイトを見るだけの場合は、キーボードはいらない。
  • コンテンツ作成時は、キーボード有がいい。
  • コンテンツ作成時、画像(イラスト)編集したい。
  • 持ち歩く際にできるだけ、かさばりたくない。
  • OSはandroidよりwindowsがいい。
  • コストパフォーマンスがいい。

こうやって、洗い出してみると、ほんと、人間ってわがままですね(笑)
ですが、コストパフォーマンス以外は、HUAWEI MateBookは満たしてくれるんですよね~、一番、低いスペックの本体だけだと、魅力的な価格なのですが、オプション専用カバー件キーボードは必須だと思うんですよね、MatePen、MateDockは、それほど、魅力はないんですけど、それでも、キーボードだけで、1.5諭吉ほど、でも、減価償却できるぐらい愛用すれば元は取れるかなぁ。

また、発売前なので、クチコミ情報が少ないのですが、このキーボードもなかなか防水等で、良さそうなんですよね。

とあるサイトでは、オプションの専用用カバー件キーボード『MateBookPortfolioKeyboard』が本体を買うとプレゼント!だったみたいですね、うらやましいです、今は、「プレゼントキャンペーン終了」となり、普通に予約受付中みたいですね。もし、まだ、在庫があったら、ポチっとしてたでしょう。(汗)

2016/07/13 追記.

Caravan YU様にて、オプションの専用用カバー件キーボード『MateBookPortfolioKeyboard』キャンペーンしてるようですね、気になる方はお早めにどうぞ!また、無くなるか知れませんよ。

やはり、ボチってしちゃいました(ーー;)、もちろん、キーボードプレゼント付き!のやつです。MateBookが届いたらレビューしますね、お楽しみに。

2016/07/14追記.
現在、既にキャンペーンは終了しているようですね、他にも幾つかキーボード付きキャンペーンしてるお店があったのですが、今は別売りのお店しか見当たりませんね。先ほど、ボチったお店から商品発送メールが届きました。

「M3モデル」って通販サイトのみの販売なんですね、でも、サイトによっては、プレゼント!してくれてたり、してなかったり様々みたいですね。
調べてみると、

ECサイトは以下で販売を行い。

  • Amazon.co.jp
  • NTT-X Store
  • ひかりTVショッピング
  • Caravan YU
  • e-TREND
  • Joshin web
  • ノジマオンライン
  • ムラウチドットコム
  • HUAWEI ONLINE STORE(直販)

量販店は以下で取り扱うようですね。

  • イオン
  • エディオン
  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • ヨドバシカメラ

もしかすると、まだ、キーボードプレゼントしてくれるところがあるかも・・・。

なお、Core m7-6Y75プロセッサ搭載モデルもラインナップ。2016年8月以降に発売予定とのこと。

キーボードはほんとは、以下のようなブラウンが良かったなぁ、きっと、ブラックが届くんだろうなぁ、ちょっと残念。

2016/10/18 追記.
発売直後は、Matebook本体を買うと一緒に純正のカバー付きキーボードがもらえるお得なのが多々あったんですけど、最近はそんな太っ腹なお店見つからないようですね。純正のキーボードは結構、重く高めの価格設定なので、他メーカーの軽め&安めのキーボードを探すのもありかも知れませんね。例えば、マイクロソフトのユニバーサルモバイルキーボードとかね。
ファンクションキーが見当たりませんけど、それ以外は純正に近いかも、純正との違いはBluetooth接続ってところかな。

マイクロソフト キーボード Bluetooth対応/ワイヤレス/Windows/Androidタブレット/iPad, iPhone対応/ブラック Universal Mobile Keyboard P2Z-00023

新品価格
¥4,881から
(2016/10/18 12:40時点)

スポンサーリンク