色々とあり中々更新できなかった当サイトですが、久しぶりの更新となります。
気がつけば、お盆も過ぎ、もう8月も後半戦!早いですねー、私の場合、職場の引越しがあったので、ドタバタしてる間に月日が流れ、いっそう早く感じてしまいます。

さて、でも、そんな中、プライベートは、RXの両機種を使いたおしてました(笑)。

子供を理由に調達した2台のカメラ、RX1RRX100M5ですが、どちらも甲乙付けがたいぐらい良いですね。購入当初は両機種がバッティングしどちらかのみ使い続けるんじゃないかと、ちょっとだけ危惧していたんですけど、今のところ、明確な使い分けができ、両機種とも頑張ってくれています。

世の中には、パーフェクトなものなんて無いようにRX両機種も一緒で、どちらの機種にも、いいところと、いまいちなところがあり、それがうまい感じで補ってくれてるのが、この組み合わせなように感じています。私にとって、メインはもちろん、RX1Rで、サブがRX100M5となっています。

RX1R

「これは!」という画を残したいときは、迷わずRX1を持って歩きます、RX100M5のコンパクトさ軽さを知ってしまうとちょっと持ち歩くのに躊躇しちゃいますけど、RX1と同じフルサイズデジ一を持ち歩くことを思えば、迷わず持ち歩けます。フルサイズセンサーをあのサイズ、重さで持ち歩けるのは驚異的だと思いますよ。やはり、フルサイズセンサーは伊達じゃなく、私みたいにカメラの腕がない人でもバチッと撮れれば描写力は目を見張るものがあります、購入して4ヶ月ほど経ちますが、撮った画を見たときの印象というか、感動は今もまったく変わっていません。

本当は風景画とか撮ってみたいのですが、最近は出掛ける機会が減っているので、全然、撮る機会がありません、しかし、ポートレート写真を撮る機会は増えてます。まぁ、子供ばかり撮っているわけですが・・・。

そして、思い知らされることがあるんですよね、私には「単焦点レンズ」があっていると・・・。

NEX-7の頃はレンズをいろいろ所有して、色々交換しながら撮っていたのですが、交換式レンズだと何パターンもある被写体とレンズの組み合わせを選択して撮る必要があるわけですが、私にはそんな面倒なのは向いていないようです、もっと、カメラの腕があり、このレンズで撮ればこんなのが撮れる!というイメージが出来れば、話は別なのでしょうが・・・、私には、交換レンズを持ち歩く際の、重たいというデメリットがだいぶウェイトを占めていました。

RX1-Rになり、レンズ一択だと、まぁ、頭を使わずに撮れますし、交換レンズの重さもありませんし、実に軽快に撮ることができます、ズームがなくっても足ズームで十分です。それで、十分いい写真が撮れますから。RX1Rの35mm、そして、F2という明るいレンズ、そして、フルサイズの描写力、これらが合わさって、本当にいい写真が残せるようになりました。

もちろん、オートフォーカスが遅かったりして、ピンボケや被写体ぶれな写真も撮れますが、NEX-7の頃に比べ、そんな写真も少なくなりました、逆にバッチリ撮れたときは本当に最高です。

今は、RX1Rはいい写真を残すときのいい相棒となっています。
今しか見せてくれない我が子の姿を残すのに打って付けのコンデジ(一応ね(^-^;)だと思います、

RX100M5

ホントにここのコンデジ、いつも持ち歩いています。やっぱり、軽さは正義っていいますけど、そのとおりだと実感しています。私はスマフォは「Xperia Z3 Compact」(以後、Z3C)も携帯しているのですが、
Z3Cは最近のスマフォの中では小さくて液晶サイズとしては不便のないぐらいのサイズで、個人的には神サイズだと思っています。もちろん、Z3Cにはカメラも付いています。

SONYのサイトによると

有効約2070万画素を実現した、ソニー製1/2.3型高感度イメージセンサーExmor RS for mobile

とうたっており、カメラとしての性能はなかなかだと想います。ですが、RX100M5はあの筐体サイズで1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor RS CMOSセンサーを搭載していて、3倍強ぐらいRX100M5の方が大きなセンサーなわけですから、当然、吐き出される画像も、やはり、全然違います、両者の吐き出された画像を見比べるとすぐ判ります。

当初は、コンデジとスマフォのカメラで、それほど差はないだろうと思っていたのですが、実際見比べてみると、全然、そんなことなかったです、すぐにわかるぐらい違いがあるんですね。それに両者でパッ!とカメラを用意して撮影するまでの時間を比較すると、Xepriaはカメラアプリを起動するのに時間がかかってしまうのですが、EX100M5は電源ボタンONですぐに撮影スタンバイ状態になり、不意なときにパッ!とカメラを用意してサク!っと取れるのは、RX100M5だと想います。

オートフォーカスの早さ、光学3倍ズーム、連射速度、WiFi転送などなど、機能がてんこ盛りなのも魅力ですね。連射速度なんて、速すぎて笑っちゃいますよ、連射し過ぎて1日で1000枚撮った日もありました(笑)、なので、最近は連射モードは控えめにしています。あと、個人的に嬉しかったのはWifi転送ですかね、簡単にスマホに転送できるのは有難かったです。まだまだ、RX100M5について語りきれてないのですが、また、後日ということで。

まとめ

携帯性や動画撮影は、断然、RX100M5の勝利です、4Kやスーパースローモーションはもちろん、ストレスなく撮れます、RX1Rだとさすがに「いい画を残すぞ!」と思わないと持ち出さないのですがRx100M5だと本当に気軽に持ち出せます、それは大きいと思いますね、あと、シャッターチャンスに強いと思います、RX100M5のオートフォーカスはかなり優秀です。Rx1Rだとオートフォーカスに頼っちゃうとシャッターチャンスを逃すことが多々あります。

しかし、撮った画を等倍で観たりするとRX1Rとの違いが明確に判ります、印刷したり、そのまま見る分には、違いは判らないと思いますけどね、私の中では、いい画を残したいときはRX1R、シャッターチャンスを逃したくないときは、RX100M5という住み分けができてます。

また、子供が被写体になることが多く、日中、私が仕事してる間、嫁しか撮れないわけで、嫁が気軽に撮影できるのはRX100M5なんですよね。

スポンサーリンク