NEX-7(デジ一)とスマフォ

子供が増えると、四六時中とは言いませんが本当に寝てるとき以外は、見てないといけないので大変ですよね、そのおかげで(笑)私も妻もテレビを見ない生活になってしまいました、子供がいないときはあんなにテレビっ子だった2人なのですが。

まぁ、暇さえあれば見ていたテレビすら見る時間がなくなるわけですから、私の趣味に費やす時間も必然的に少なくなってくるわけですね、そう、カメラもなかなか使う機会がなくなっていました。子供を撮る機会はたくさんあるんですがスマフォで済ませちゃうんですよね。

この前、妻のスマフォを見せてもらったら、毎日、子供の写真と動画を撮ってるんですよね、私ももちろん撮っているんですが。
NEX-7で撮ればもっといい写真が撮れるハズなのですが、NEX-7で撮った枚数よりスマフォで撮った枚数の方が多いという現実!

なぜ、NEX-7で撮らないのか原因を自分なりに考えてみました、そうすると、結論は「最終的にカメラってココに行き着くんじゃないか」と思うようになっちゃいました。

私のデジカメ暦

私は、今まで、E-10(オリンパス)、T-9(SONY CyberShot)、T-7(SONY CyberShot)、K-5(Pentax)、そして、今はEマウント機「NEX-7」を使ってきました。

私が利用してきたカメラの種類は、
コンパクトデジタルカメラ(略して「コンデジ」、何時から使われるようになった言葉なんでしょうね?管理人的には違和感がある言葉です。(笑))を渡り歩いてデジタル一眼カメラ(デジ一)、そして、今は、ミラーレス一眼(ミラーレス)となっています。

もちろん、新しいものほど解像度がUPして機能も洗練されていくわけですが、少ないですが色々カメラを使っていると向き不向きなど、感じることがあるわけです。
今は、Eマウント「NEX-7」と6本ほどのレンズで撮影を楽しんでいます。旅行に行くときは持ちあるいていました。・・・が、最近は、持ち歩く機会が減ってしまいました。

レンズ交換式の優位性

コンデジのように1つのレンズしかないカメラでは表現できるものは限られてきますが、レンズ交換式である「NEX-7」は、レンズを換えることにより、多種多様な表現を実現できます。また、「NEX-7」はオールドレンズ遊びもでき、なかなか貴重なボディだと思います。

さらに同じEマウント機であれば、レンズを資産として利用することができます、同じEマウント機であれば、本体を「NEX-7」から他のEマウント機に変えることで利用し続けることができます。

つまり、レンズはレンズ、ボディはボディで自由に製品を選ぶことが出来るわけです。が、これは止め処ないわけで、これにハマることを“沼”と呼びます。私も少し”沼”に陥りかけました(爆)

レンズ交換の魅力を感じない原因

現在、8本のレンズを所有しています、それらレンズをいろいろ使いってきたわけですけど、使い続けるうちに「レンズ交換式カメラの魅力」がそれほど感じられなくなってきたんですよね。

その原因で一番大きいのは、
「重さ」「お気に入りレンズ」です。

重さ

レンズは確かに面白いです、思ったとおりの絵が撮れたときは嬉しいものです、また、撮りたいなぁって思うものです。
ですが、ボディとレンズを持ち歩くのが「重い」んですよね、

常用レンズに、どんな被写体でも撮るためには、望遠レンズや広角レンズ・・・と、色々持っていくと簡単に総重量4kg超えなんてこともザラなわけです。これでも赤ちゃんに比べれば軽いわけですが、でも、4Kgは重いですよね。

滅多に行けないようなところへ行くときは、撮るぞ!と覚悟して向かうので総重量4kg越えでも苦に感じませんが、近場の場合、わざわざ重いレンズを持ち歩かなきゃいけないわけですし、雄大な山々の自然を収めたい時にはその重さがあるレンズを鞄に入れ登山道を登らないといけないわけです。さらには、段々歳老いてくると若い頃は苦じゃなかった重さが段々辛く感じてくるんですよね。

お気に入りレンズ

そして、もう1つの理由が使うレンズが固定化されてくるんですよね。デジタル一利用者さんなら、考えることがあると思うのですが「何でも撮れる万能レンズが1本あればなぁ」と思ったことはないですが、でも、そんなものってなかなかないんですよね、どこかトレードオフしなきゃいけなくなるんですよね、で、私の場合は、望遠やズームやマクロレンズのような絵の画角が自由になるレンズではなく、描画が非常に綺麗なレンズに行く付くんですよね。色々なアングルや画角で切り取れるけど普通の描写のレンズと、画角は固定でもめっちゃ綺麗に描写するレンズだったら、後者の方が撮ってる!って気になりますしそれがカメラの醍醐味じゃないかと思うんですよね、綺麗に描写するレンズを使い倒してる方が撮ってるって気がしません?(笑)

ということで、お気に入りになっているレンズは、
「単焦点レンズ」なんですよね。

「NEX-7」で購入当初は、望遠レンズを持ち歩き撮っていたのですが、時が経ってくるとかさばるわりに利用していない自分に気が付かされるんですよね、望遠レンズ購入時は色々な画角のものを切り取って表現したい!と思って購入したのですが、いざ!購入してしてみると「NEX-7」に装着されてることはほとんどないんですよね。常時装着されているレンズは「単焦点レンズ」の「Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA SEL24F18Z 」なんです。
まぁ、私が所有してるEマウントレンズの中でこいつが画角的にも解像的にも、一番満足させてくれましたね、明るいレンズでボケも楽しめますしね、ただ、めっちゃ高かったですけど。

結論

つまり、私の場合、望遠やズームレンズよりも、単焦点レンズがあればことが足りることになるんですよね~、えっ?それって、レンズ交換式じゃなくっていいじゃない?!

まったくそのとおりなんです。色々なレンズで描写したいと思って購入したEマウントなんですが、実は、Eマウントである必要性すらないことに気付かされました。きっと、私のような面倒くさがりじゃなければ、そんなことないんだと思うんですけどね。

(続く)

スポンサーリンク