ずいぶんと前に、ポチっとした「Amazon Fire TV Stick」が届きました。
いつもながらダンボールは結構な大きさだったのですが、中を開けてみるとこんな感じのオレンジ色のパッケージが入っていました。

そして、さらにその中を開けてみると、以下のような感じで収まっており、意外に高級感があるように感じました。

さらにさらに、梱包されてるものを出してみるとこんな感じになっています。思ってた以上にパーツが多いですねー、本体に、リモコンに、USBケーブルと電源アダプター、さらに延長様HDMIコード、とリモコン用電池。

このスティックでビデオが見られると言うのですからすごい世の中になりましたよね、まぁ、HDMI端子のあるテレビは必須となりますけどね。

というわけで、本体にUSBケーブルを挿し、電源アダプターにもUSBケーブルを挿し、電源アダプターを電源に、そして、本体をテレビのHDMI端子に挿し、リモコンに電池をセットしたら準備完了です。
テレビの入力切替が切り替えて、本体を挿したHDMI端子に切り替えましょう!

すると、リモコン確認が行われ、ネットワークの設定を行い、家のアクセスポイントに繋ぎましょう!あとは、amazonのアカウント設定は予め行われているので、そのまま操作を進めると、ビデオ視聴レディ状態になります。

リモコンで操作をしていくと、映画、テレビ番組、設定、などのメニューが表示されました。
デフォルトではアダルトや購入する必要があるものは、PIN入力が必要な設定となっているようです。

さっそく、「変体仮面」の続編などが表示されて、さっそく、再生してみました、全然、違和感なく再生されますし、待たされることもなかったですね、快適そのものですね、アクセスポイントがテレビの直ぐ傍にあるってのもあるのかも知れないですがすごく快適ですね。

今まで見たいに見たいものを予約してDVDやブルーレイが届くのを待つ必要ないですしね、リモコンの音声認識も試してみましたがなかなか優秀です。

FireTVにはボックス型もあるのですが、Stick型で十分な気がします、久しぶりに「孤独のグルメ」をファーストシーズンから見てたのですが5話まで見入ってしまいました、シリーズものは1話が終わると次の話が自動的に流れてくれるのも有難いですね。

あと、Bluetoothに何気に対応しているのもいいですね、我が家のテレビはヘッドホン端子が見当たらないのですが、FireTVStickで見る場合は、ペアリングしたblueetoothヘッドフォンに音声を流してくれて非常に有難いです、子供が夜寝てるときに起こす心配がないですからね、さらに、子供向けの番組も多数用意されてますしね、しかも、音声リモコン付きで5000円切ってますしね、今のところ、非の打ち所が見つからないんですよね。

初代のStickは使ったことがないのですが、メニュー操作の動きもキビキビとはいかないですが、十分、満足できる動きをしてくれるしなぁ、ごくごくたまーに、動画がかくついたり、ん?これHD画像?ってな感じでダウンロードが追い付かないときぐらいかな。

amazonプライムビデオに物足りなさを感じたら他の動画配信サービスを利用すればいいわけだし、なかなか便利なご時勢ですよね。

スポンサーリンク