最近、真田丸にハマっている管理人です。なかなか主人公が活躍しなかったですけど、最終回に向けて、これから面白くなってきそうですね。
その影響もあるのでしょうが、最近、無性に戦国ゲームがやりたい!という衝動に駆られています。

管理人の家では、小さい頃、小学生の高学年ぐらいだったかなぁ、その頃からパソコンがありました。その当時は、PC-6001というNECのものです。その後、pc-8001、PC-8801、PC-8801MR、PC-8801VA、pc-9801VM・・・とNEC製のパソコンが立ち代り入れ替わりお付き合いしてきました。個人的にはSHARP製のX-1とかX68Kとかとお付き合いしたかったんですけど、親がなぜかNECを選ぶんですよね。

最初の頃は、ベーマガやマイコン(そのまま(笑))という雑誌に載っているプログラムリストを打ち込んで楽しんでましたね、今考えればファミコンよりクオリティの低いゲームだったり、占いだったり、CGだったり、流行っていた音楽を演奏させたりしてね。なぜか親に指示されて打ち込んでたなぁ~、そうじゃなく、自分からプログラムを組んでゲームなり作っていたら今と違う人生を送っていたかも知れないなぁ。

・・・ファミコンは我が家は買ってもらえませんでした(泣)

とそんなパソコンと付き合ってきた管理人が、名作と思えたパソコンゲームが幾つかあります。

その1つが、当時PC-98シリーズで遊べた「天下統一」というゲームです。これは戦国ゲームで「信長の野望シリーズ」というめっちゃ有名なゲームもありそちらも思い入れがあるのですが、「天下統一」の方がシンプルなゲーム画面なのですがやり応えがすっごくあったんですよね。信長シリーズみたいに武将の顔グラフィックはなく、綺麗な日本地図と城のアイコン(笑)だけなんですけど、なぜか、すごく楽しかったのを覚えています。

また、この当時の戦国シミュレーションとしては、珍しく国ではなく、もっと細かく城単位で戦略を組む必要があり新鮮だった記憶があります。

最近、その「天下統一」をやりたくなってきたんですよね、このシリーズはPC-98シリーズだけでなくWindows版も発売されています、98ならエミュレータで動作させて楽しむ方法もあり、androidに98のエミュレータがあるので、スマホで楽しむことも可能です、通勤中とか手軽にどこでも楽しむことができるんですよね。

・・・ですが、マウス操作をスマホで行うのが操作し辛いんですよ(泣)、特にダブルクリック操作が難しい(汗)

どこへでも、「天下統一」を持ち歩けるのはすごく魅力的なんですけどね。

ってことで、次に候補にあがるのは、Windows版をWindowsタブレットにインストールして楽しむ方法です。我が家にはMatebookというちょうど良いPCがありますし・・・。

天下統一ADVANCEのWin-ダウンロード版を購入してしまいました。
やっぱり、面白いですね、天下統一は、もう何十年も経ってるゲームシステムなはずなのですが・・・。

  • あのイカス!BGM
  • 武将が某野望のように顔グラフィックがなく名前だけ!というシンプルさ!
  • 超美麗な日本地図
  • 領国内地図の城のグラフィックが好み
  • CPUがそこそこ強くやり応えがある

いやぁ、やっぱり、面白いですね、ボードゲームだったらしいんですけど、このゲームを作った黒田さん神ですね。もっと絶賛されてもいいはずなのですがね。

advance

2016/10/18 追記.
うーん、やっぱり、面白い!!周りが真っ暗な中、夜中にヘッドフォンしてあのBGMを聞きながらやっている私って(笑)、やっと、領地を広げていた六角家を打ち破ることができました、やっぱり、攻略のコツは戦闘フェーズ(?)の連続してくるターンを以下に的中させ、最初の一撃を浴びせるられるか?ですよね。5分の兵数だと最初に攻撃できた方がまず負けることないですからね。信長シリーズみたいに一騎打ちみたいなシステムないですしね。

信長の野望 全国版、戦国群雄伝のOPやBGMも好きだったなぁ、しかし、この手のゲームのBGMってシンプルだけど本当に心に刻まれる名曲が多いですよね。(しみじみぃ~)

何?天下統一 ADVANCE CUSTOM

スポンサーリンク