天下統一に最近ハマっている管理人なのですが、そもとも、「天下統一 ADVANCED CUSTOM(AC)」というカスタマイズ版天下統一の存在を知り、ダウンロード版を購入しました。
本家を遊び尽くしたら、ACで遊べてありがたいなぁ~っと。

天下統一 ADVANCED CUSTOM

しかし、考えが甘かったです(泣)。購入してから気付いたのですが、私が購入した天下統一ADVANCEは、ダウンロード版・・・、ACを適用できるのは残念ながらパッケージ版!!
非常に残念です、パッケージ版とダウンロード版は基本一緒なんですが、微妙に異なっておりおいそれと適用できなくなっているそうです。しまった!!。

改善点

AC版の改善点は以下のとおりとなっています。

●城数の削減
・従来の400城から326城へ削減。

●経路大幅削減
・複雑な経路の本数を少なくし単純化。

●スキンの変更
・オープニング、ゲーム中に使われる画像を刷新。

●城の削減、経路の削減、国境の変更に伴う地図の変更
・MAP,MAP1,Zmap配下のbmpを総入れ替え

●外字(Knji_chr.bmp)の変更。
・全体をMSゴシック風に書体の変更
・五十公野 → 山内上杉、宇礼志野 → 深谷上杉、蘆飫渭 → 躑躅ヶ崎

●パッチによる実行ファイルの仕様変更
・武将の人数制限 64人に変更。
・外枠、内枠のラインの色を白から灰色へ変更。
・城情報の背景色を水色→黒色へ変更。
・国内地図の「至~」の至を表記を省略。国名、城名のみを表示。
・隣接国表示部分の背景 青色→透明へ変更。
(国内地図の画像側で背景追加。)
・以下の国の地図情報を変更。
中陸奥国の国境線変更。
南北近江国を近江国として単一の国として統合。
出雲国に隠岐国分を追加。
備前国の国境線変更。
伊予国の国境線変更。
対馬国(壱岐国、五島列島付)を新設。
肥後国の国境線変更。
日向国の国境線変更。
大隈国に種子島分を追加。
・山内上杉家、深谷上杉家など外字に合わせてゲームでのダイアログ上の表記を変更。
・武将登用時に軍事、内政、兵数を確認できるように変更。
・官位名称変更 朝廷の官職に統一。
守護 → 国司の「~守」厳密に言えば常陸守、上野守、上総守は無いのですが…。
鎮府大将軍 → 弾正大弼 有名無実なら弾正台のほうが現実味があるかなぁと。
左大将 → 左近衛大将
右大将 → 右近衛大将
・アイコンをプロジェクト専用のアイコンへ差し替え。
・一揆発生国の変更。近江国、山城国追加。
・自家の総国 → 兵質表示へ変更。
・寿命チェックを49→59へ設定を変更。死に難いように設定。
・自家の武将32人以上所属している状態で城を落とすと、高確率で切腹するよう変更。
COM大名も同様のルールが採用されます。
・音楽再生をMIDIからWAVEに変更。(任意オプション)
・表示フォントの変更。(任意オプション)

●登録武将の追加
・登録武将を1344人から1994人へ。世継、一門、家臣の大幅追加。
武将データが2000人に対し6人分空いているのは、一向一揆イベントの発生時に城の乗っ取りを発生させるために空けています。なので実質、一向一揆による城乗っ取りは同時に一向一揆は最大6武将までになります。
ということでこの辺は、難易度が易しくなっているとも言えなくもない。
・あまり、個人の武勇のみが有名な武将はあまり入っていません。
多くは、城持ちレベルの武将(国人、有力配下)が採用対象になっています。
・一部、一門武将の少ない大名家については早世してしまった人物や、伝承のみ伝わる人物も入れています。
・親武将の紐付け設定は、実父ではなく養父であったり、陪臣関係で結びつけている場合もあります。

●武将の名前
・武将名は諱(いみな)を優先的に採用しています。以下、法名、官名の順で採用。
例)武田信玄 → 武田晴信、大友宗麟 → 大友義鎮
・本願寺など生涯僧侶である武将は寺号、法名で構成しています。
例)大谷光佐 → 本願寺顕如
・朝倉景みつ(土光)は文字コードの関係上、表示が怪しいので代りに「光」の字を当てています。ということで素で間違えているわけではなくワザとこうしています。

どうです?面白そうでしょ?マニアにはたまらないかと思われます。(笑)

天下統一 相剋の果て

そこで、もう一つ気になっている「天下統一シリーズ」が「天下統一 相剋の果て」です。こちらは完全にウインドウズ版として作られているんですよね、今風かと。
個人的には、DOSの頃からPCに慣れ親しんでる管理人は、天下統一の方が好みなんですよね、複数の国を所持し領国内を移動するのがちょっと面倒なんですけどね、「尾張」とか「三河」とか勉強になって良いかと。あまり、役に立つ場面が無いように思われますが。

しかし、「相剋の果て」だと、日本全国マップみたいのがあって、国の名を知らなくても用意に移動ができるようになっています。

ということで、今度は、ADVANCEのミスを行わないように、パッケージ版を購入しました。2000円で破格のお値段でしたよ。早速、パッケージを開封しCD-ROMをドライブにセットし、まずは母艦であるWin7へインストール!無事、動作しました、メニューや地図などのサブウインドウがバラバラとぐちゃぐちゃに配置されていますが、自由に配置換えができます。
ですが、管理人はMateBookで遊びたいんですよね、ということで、Win10であるMatebookにインストール!こちらも無事にインストールは完了し、大名を選択しスタートすると。

・・・
更新イベント後に、異常終了!!

何度、繰り返しても、更新イベントから先に進めません(大泣)

開発元であるシステムソフトさんのHPを見ると、

win10%e5%af%be%e5%bf%9c%e7%8a%b6%e6%b3%81

となっており、Win10は「使用不可」とのこと、マジですか?システムソフトさん。

と途方にくれていたのですが、同様な事象で悩んでいる方やACのようにカスタマイズして動作させているつわものが居ないか調べてみたところ、いらっしゃいました!!
その方は、同様な事象が発生し回避する方法を調べまとめてくれておりました。ネットってすごいですね。

まず、Matebookのイベントビューアでエラーの詳細を確認してみたところ「Inetjp.dll」なるDLLでエラーが発生していることが判明しました。このDLLはIME関連のDLLのようです。
・・・ということは、IMEを使わずに済めば回避できる可能性があるわけですよね。

ってことで、「Google 日本語入力」をインストールしてこっちを有効にし、再度、「相剋の果て」を動作させ、更新イベントが始まり、終わると。

・・・!

なんと、今度は異常終了することなく、更新イベントの壁を突破し、Win7と同様に「相剋の果て」を楽しむことができました。
管理人が確認したのは、Matebookであり、Windows 10 Home 64bit OSです。これで、「天下統一」を画面解像度を下げずにプレイできる!(笑)

以下に同じ悩みを持っていた方のサイトを紹介しときます。

とある古いソフトを動かそうとしたのだが手こずった。Inetjp.dllで
アクセス違反となる。
管理者権限を持たないユーザだからかな、と思ったのだが、
管理者権限を付与しても現象は変わらない。
このエラー、Vista時代でもあったようで検索してみたら、いくつか出てきた。
で、このDLLが、MS IMEの一部であることが分かり、かな漢字変換を
ATOKに切り替えて動くようになった。
古いソフトなので、古いAPIとかを叩いているんだろうと思うのだが、
ATOK で動いてMS IMEでうごかない、というのはなあ。

ATOKは有料ですので、Google 日本語入力インストールして有効にしてください。デフォルトのままインストールを進めれば有効になります。

そして、天下統一 相剋の果てを起動して、シナリオ選んで大名選んでゲームを開始すると……なんと落ちな~い!、しばらくフェイズを進めてみましたが問題ありませんでした。

なお、天下統一のインストール先は Program Files の下はダメみたいです。ご注意ください。

スポンサーリンク